わが子のアトピー

わが子のアトピー その2:原因は冷え!?

昨年の10月半ばから始まったわが子の口の周りの湿疹。
出たりひいたりを繰り返しながら、12月に突入しました。

 

昨年の12月は、わりと暖かい日が多く、グッと冷え込んだのは年末、年明けごろだったように思います。

気温が下がるに従って、わが子の湿疹も少しずつ悪化し、口の周りだけでなく、おでこや頬や耳にも広がっていきました。

 

そして、12月の末ごろから、緑便が出るようになって、下痢気味になりました。

 

1月に入り、湿疹の原因もわからず、なかなか治らなかったため、西原研究所を受診することに決め、予約の電話をすることにしました。

 

すると、「1ヶ月先まで予約がいっぱいですが、2週間後にキャンセルが出て空きがあります」とのこと。

そこで、2週間後に予約を入れてもらい、その電話で少しアドバイスをいただきました。

 

いくつかアドバイスいただいたと思いますが、その中で、「赤ちゃんの手足がポカポカになるようにしてください」と言われ、なかなか手足がポカポカにならないんですと伝えたところ、室温を26〜27℃くらいにすると良いですよとのこと。

西原研究所を受診される赤ちゃんは、冷えが原因のことが多いのだそうです。

 

うろ覚えですが、その時の部屋の室温は20℃もなかったんじゃないかな〜。

 

その後、アドバイス通り室温を上げて2〜3日過ごしてみると、、明らかに湿疹が改善してきたんです!!!

 

どうやら、緑便も冷えが原因らしいのですが、緑便はなかなか治らないという情報を入手。

 

わが子の湿疹は冷えが原因だったのかぁ〜と思い、西原研究所の受診をどうしようか迷いました。
地方在住のため、西原研究所へは飛行機で行く距離です。

 

受診するかキャンセルするかを電話で相談してみたところ、遠方ですし、温かくして改善したのなら、キャンセルして様子をみてみたらどうでしょうかとアドバイスいただいたので、キャンセルしてもらうことにしました。

少しでも冷えるとまた出るので、温かさを保ってくださいね、というようなアドバイスももらいました。

 

原因は冷えだったのか〜!と思い、温めることでわが子の湿疹が治るんだ〜、やっと原因がわかって良かった〜!と安堵したのも束の間、、改善してきたと思った湿疹がまた出てきたんです!

 

その3に続く…